マンションのフロアコーティングをする方法

男女

フローリングの美観を守る

メンズ

近年の日本家庭では洋風建築が多く、フローリングを廊下やリビングに採用している住宅が多いです。木材で作られているので、水や傷に弱く何らかの保護が必要になります。保護という観点ではワックスをかける人もいますが、様々な機能性を付与してくれるフロアコーティングがお勧めです。

床を保護してくれる

床

ポイントを押さえる

マンションのフローリングにフロアコーティングを施すことによって、フローリングを傷から守るなどさまざまなメリットが期待できます。ただ、フロアコーティングにもさまざまな種類があることから、どういった理由でフロアコーティングをしたいかをよく考えることが大事なことと言えます。また、フロアコーティングをするタイミングもポイントとなります。コーティングすることによって、フローリングをきれいな状態で保つことを考えると、新築マンションであれば購入したときに依頼するのがベストです。特にキッチンや水回りは汚れやすく、フローリングが痛みやすい場所でもあるので、新築で入居する前に施工しておくといいと言えます。また、中古マンションを購入してフロアコーティングをすることを考えるならば、購入したマンションの部屋にフロアコーティングが施されていないかを確認しておく必要があります。新たに施工するならば、以前のコーティングを剥がす必要があります。そのため、経費が予測以上に高くなる可能性があります。マンションのフローリングにおいてはシートフローリングが導入されていることも多く、ワックスをかける必要がないというメリットがありますが、日頃の手入れが大事となります。しかしながら、シートフローリング専用のフロアコーティングを施すことによって、床を保護してくれます。つまり、シートフローリングであってもフロアコーティングをすることが可能と言うことです。

傷が意外に目立つとき

フローリング

自宅にお客さんを呼ぶ際、意外に気になるのが床の傷です。見た目も悪いですし、部屋全体の印象も悪くなるため、前もってフロアコーティングを施しておきましょう。そうすれば急な来客に慌てることも床の傷を気にすることもなくなります。

確実に施工してもらうのに

レディ

フロアコーティングを施工してもらう業者は、安くて確実な施工をしてもらうところですが、保証期間はしっかり存続する業者を選ぶべきです。ホームページでは創業年や資本金を調べるようにして、会社としての信用を見るようにしてください。