マンションのフロアコーティングをする方法

室内

フローリングの美観を守る

メンズ

現在の日本に多い住宅のタイプとして挙げられるのが、和洋折衷のタイプがあります。その中でも多いのが、外観は洋風で部屋の一室を畳のある和室にしたタイプです。当然和室にした以外の部分は洋風なので、廊下やリビングをフローリングにしているのを多く見かけます。フローリングとは木材で幅や長さを一定にしたものを作り、床材として施工し床に仕上げるのです。畳文化が一般的だった日本に洋風化の波が押し寄せてきたのは、明治時代に入ってからになります。住宅にも装飾性を持たせるという考え方が入ってきて、一部の富裕層の住宅ではフローリングも行われていました。しかし一般家庭で普及したのは、昭和時代の後期になってからのことです。しかしフローリングは素材に使われているのが、木材なので水や傷がつきやすいという弱点があります。その弱点を克服するためにあるのが、フロアコーティングという方法です。液剤などを用いて床の表面を保護するための、皮膜して覆ってしまう作業全般をフロアコーティングといいます。フロアコーティングを施工する業者は多数あり、使用している液剤も多種多様です。フローリングの保護という観点では、ワックスをかけるという方法もありますが長い目で見れば業者にフロアコーティングしてもらうことで美観が守られます。フロアコーティングの業者によっては保証期間が長いところもあるので、子供や孫にも一戸建てを引き継ぎたいのであれば、なるべく保証期間が長いところを選択するようにしましょう。