マンションのフロアコーティングをする方法

室内

傷が意外に目立つとき

フローリング

来客時の不安が解消

自宅にお客さんを呼ぶとき、意外に見落としがちなのが床の傷、痛みです。普段生活している分には気が付きにくいのですが、引越しの時や家具を移動した際にできる傷は地味に目立ちます。しかも日中、良く日に当たる場所であればフローリングが日焼けしてしまっていたり、色が変化してしまう事もあります。本来であれば定期的にワックスをかけたり、キズ補修をするべきなのでしょうが、やはり素人がする作業には限界があります。特にキズ補修はキットがホームセンターや通販サイトで売り出されています。とはいえ、色が微妙に違ったり表面が凸凹したりと逆に人目についてしまう危険もあります。そこでおすすめとなるのはこうした傷や日焼けができる前の予防策、フロアコーティングです。フロアコーティングはその液剤によって特徴が違ってきます。衝撃に強く、傷がつきにくいものや日焼け対策に徹底したもの、あるいは表面の色艶の良さを重視したものなどです。性能が良いものであればその分料金も高くなりますが、ワンフロアのフロアコーティングであれば数万円程度で済ませることが出来ます。フロアコーティングは液剤がムラになると逆に効果が薄れてしまう可能性もあるので、最初からプロの業者に作業を任せましょう。フロアコーティングを施していれば急な来客時にも慌てることはありませんし、きれいな自宅を友人や知人に自慢することもできます。常日頃からこういった予防策を打っておくことも大切です。